みやぞんの国籍は韓国籍だった?韓国名は?韓国語も喋れる?

今回は、人気お笑いコンビANZEN漫才のみやぞんについて書いていきたいと思います。

お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんの国籍について、日本国籍ではないのでは?という噂があるようです。さらに噂では、韓国籍なのでは?との噂も。

実際に、韓国語も喋れるのか?など、早速以下でくわしく調べてみましょう。

みやぞんの国籍は?

まずはプロフィールから。

みやぞん

本名:宮園 大耕(みやぞの だいこう)、旧姓・金本(かねもと)

生年月日:1985年4月25日(33歳 ※2018年現在)

東京都足立区出身。東京都立荒川商業高等学校卒業

公表されたプロフィール情報からは、外国籍であることは一切読み取れません。一体、どこから出てきた噂なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

みやぞんは韓国籍だった?

一説によると、みやぞんは韓国籍ではないか?というのが有力のようですが、根拠はあるのでしょうか?ネットでは大きく騒がれている韓国籍説。過去のテレビなどでの発言も探してみましょう。

スポンサードリンク

 

みやぞんはほんとに韓国人?

なんとテレビで、みやぞん自身が韓国籍だったことを暴露してしまったようなんです。以下でさらにくわしくみていきましょう。

 

みやぞんは韓国人であることをカミングアウトした?

インターネットで検索してみると、あっさり出てきました。なんと、本人が出演したテレビ番組がきっかけだったようです。

2015年4月放送の『有田チルドレン』でのことです。高校生のときに運転免許を取得するために鮫洲の試験場へ。
みやぞんさんと友達とで行ったところ、みやぞんさんだけ、必要な書類が足りないと言われました。

それが『外国人登録証明書』そこで自分が日本人ではないという衝撃の事実を知ったのです。

その他にも、弁当によくチャンジャが入っていたとのエピソードも。

なんとみやぞん自身から韓国籍であることを告白していました。しかし、チャンジャが弁当によく入っていても問題はないような?(笑)好みの問題では?とも思いますが、なんとも面白おかしいカミングアウトとなりました。

 

みやぞんは韓国語も喋れる?

みやぞんは高校時代まで日本人として、日本の公立学校で日本語教育のみを受けてきたため、韓国語は話せません。その後、学習により身につけたという話もありません。

成人を過ぎてからの言語学習はとても時間がかかります。特に仕事やプライベートで使う必要のない言語は、たとえ母国語だとしても学習するのはメリットが少ないばかりか、労力や時間・金銭などの点でデメリットも多く、仕事が忙しくなったみやぞんが韓国語を覚えるというのは現実的ではないのかもしれません。

 

みやぞんの母親は韓国人?

みやぞん家はかなり複雑な事情があるようです。

長女次女、三女四女、末っ子のみやぞんで父親が違う。

1番目と2番目のお姉さんは1番目のお父さん

3番目と4番目のお姉さんは2番目のお父さんの子。

みやぞんさんだけは子どもの頃、近所に住んでいた
「お兄ちゃん」と呼んでいた人が実の父親だった

みやぞんの父親に関しては、複雑すぎますが、どうやら母親がキーマンのようですね。どんな方なのでしょうか?

年齢は70代前半。名前は「春奈」。旅一座の踊り子だった。

なんと怪しいプロフィール・・・他にもこんなエピソードも。

野球部のユニフォーム代の工面のため、婚約指輪を質に入れて、みやぞんにユニフォームを買い与えた。

感動秘話ですね。肝心の母親の国籍については、公表されていませんでしたが、みやぞんは未婚の時の子だというので韓国籍だと推測できます。

さらに、こんな衝撃情報がありました!

 

みやぞんは隠し子だった!

なんと!みやぞんは隠し子だというのです。

2016年4月放送の「本能Z」で自分が隠し子だったことを告白しています。

自宅に遊びに来ていた近所のプラスチック工場の社長さんが実の父親。

すごい生い立ちでクラクラします。みやぞんの近所のお兄さんは実はお父さんで、お父さんは会社の社長さんだった・・・ドラマチック展開すぎますね(笑)しかも自分は隠し子・・・良くあんなにも明るく成長できたなと感心しますね。

 

みやぞんは韓国人から帰化して日本人になった?


外国人が帰化して日本人になると官報に記載されますが、2005年7月19日の官報に記載された人物がみやぞんだとされています。

みやぞんの韓国名は?本名は?

では、韓国名は公表されているのでしょうか?韓国籍だったことは告白しましたが、韓国名については、自ら明かしてはいませんでした。 しかし、官報には、

住所 東京都足立区 金大耕 昭和60年4月25日生

と記載されていたようです。もちろん、生年月日・出身が同じで同名の方だという可能性もありますが、ほぼみやぞんで確定でしょう。

みやぞんの場合、高校まで日本人として育てられたため、母国である韓国籍へのこだわりが他の在日の方に比べると低く、日本への帰化は自然な流れだったのでしょう。

 

みやぞんは韓国人なのに足立区出身校なの?

韓国国籍であることを知らされず、高校生まで足立区で育ったというのは何か秘密でもあるのでしょうか。

足立区は新宿区と江戸川区に次いで外国人が多く居住するエリア。

歴史的に足立区は外国籍の方が多く住んでいることから、みやぞんの親も定住地として選んだと考えられます。

また、出身高校も朝鮮学校ではなく、日本の公立学校ですが、資料によれば。

1970年代初頭には全国各地の朝鮮学校合わせ46,000人を超えたが,2004年度には11,500人, 2008年度は 11,000 人,2009年度で約 8,300人としている。(朝鮮籍と韓国籍はほぼ同数で,日本籍も数%存在するといわれている)

年々、朝鮮学校を選択する在日韓国人は減っています。在日の方の多くが、日本への同化を選択している中、子供に国籍さえ明かさず、日本人として育てるというのがみやぞんの親の考えだったようです。

もしかしたら大きくなってから選択させたかったのか、父親のことがうしろめたかったのかもしれませんね。

 

みやぞんは韓国人なら免許は?

みやぞんが最初に免許を取得した時は韓国籍でしたが、帰化しているのであれば、現在はみやぞんは日本人として問題なく更新手続きを行なっているものと思われます。

 

昭和時代の暗いイメージがある在日韓国人ですが、みやぞんのような明るいイメージで活躍される方が増えれば、偏見や差別もなくなっていくものと思われます。

みやぞんのさらなる活躍に期待しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)