かわいい!と噂の市道真央(m・a・o)が現在は声優に?結婚した?

グラビアアイドル

今回は、グラビアアイドルとして活動している、市道真央さんについて書いていきたいと思います。

市道真央さんはグラビアアイドルの活動をほとんどしていません。現在は何をしているのか、引退してしまったのでしょうか?早速調べていきましょう。

市道真央(mao、M・A・O)はゴーカイジャーのルカ役に抜擢!声優にも挑戦!

2011年2月より放送開始の『海賊戦隊ゴーカイジャー』にて、ゴーカイイエローとして女優デビューを果たしました。戦隊シリーズ初の海賊をモチーフにし、全宇宙の星々を我が物にしようと企む宇宙帝国ザンギャックの地球支配を阻止しようと、海賊のごとく豪快に戦っていく5人の物語です。市道演じるルカ・ミルフィ/ゴーカイイエローは、貧乏な生活を送っていた過去から男勝りでお金と宝石が大好きな海賊で、得意技はゴーカイサーベルのワイヤーを伸ばして振り回し、周囲の相手を切り刻む「フラッターブレード」。役作りとして声のトーンが大事だと思った市道は、場面に合わせてテンションの高さにギャップを出すため、日常シーンは地声より低めの声で演じていたという。

人気テレビ番組の戦隊シリーズに出演し、注目を集めた市道真央さん。変身後のアフレコも担当し、夢であった声優業に挑戦できたことに感動していたようですね。

 

市道真央(mao、M・A・O)の現在は?結婚したの?地元に帰った?

「海賊戦隊ゴーカイジャー」に出演した市道真央さんですが、その後パタとメディア出演が減っていきます。結婚して地元に帰った?引退した?と噂になっていました。

市道真央(mao、M・A・O)は結婚した?

市道真央さんの熱愛彼氏や結婚の噂について、調べていると、ゴーカイジャーで共演し、ゴーカイレッドを演じた小澤亮太の名前が。ただ、小澤亮太さんは、もはやゴーカイジャーの共演者全員と熱愛の噂がある。もはや信ぴょう性のある情報とはいえない。

この小澤亮太さん以外に、噂になっている人もいない状態です。結婚などの可能性はないようですね。

 

市道真央(mao、M・A・O)は出身地の泉南市に戻ったの?

市道真央さんは、芸能活動をやめてしまったのでしょうか?市道真央さんの出身地は、

市道真央 大阪府泉南市出身(市道真央の親が大阪の泉南市の市長だったことから噂に)

と、お嬢様的な部分があるようですので実家に戻ってしまったのでしょうか。と思い調べていると、

 

市道真央(mao、M・A・O)は声優に転身!芸名を「M・A・O」に変更!

『海賊戦隊ゴーカイジャー』で変身後のキャラクターへのアフレコ経験から、声優業に挑戦してみたいと思うように。念願叶い2012年4月、『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』のキラキラ役で声優デビュー。

市道真央さんですが、声優に転身していました。メディア露出が減ったのはこの為だったんですね。実は「M・A・O」さんは、

中学生の頃からアニメが大好きだという市道は、毎年欠かさず好きなキャラクターの誕生日を祝っている。特に『ONE PIECE』のマルコ、『銀魂』の銀さん、『家庭教師ヒットマンREBORN!』のXANXUS(ザンザス)が好きで、ケーキを買って自宅で一人お祝いをするなど、意外な一面も。

と実は、大のアニメ好きであったようですね。念願だったアフレコの挑戦から見事に声優として仕事を獲得できているのは、きちんとした実力もあるのでしょうね。実際に、

その声と演技に多数の音響監督が絶賛している

と市道真央さんの演技力の高さは、声優業界ではきちんと評価されているようです。また、芸名を変更したわけではなく、声優としての仕事の時はM・A・Oと変えているようですね。

声優業の時はM・A・Oという名義で活動している。名前の由来は市道自身も分かっていない。初めて声優の仕事をした時の台本に、何故かM・A・Oと書いてあり、それ以来この名前を使用して活動している。

急に生まれた芸名のようですが、声優として活躍できるといいですね。(笑)すでに顔文字みたいな名前といじられているようです。

声優界で趣味全開の市道真央さん

 

声優のM・A・O(mao)が演じたキャラは?

出演作品目(括弧内は役名)年内放送アニメは順不同。

出演アニメ

2012年
クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!(2012年、2013年、キラキラ)
2013年
帰宅部活動記録(あざらし)銀の匙 Silver Spoon(池田)
サムライフラメンコ(2013年 – 2014年、三澤瑞希)
世界でいちばん強くなりたい!(MC)
DD北斗の拳(2013年、2015年、リン)- 2シリーズ
てーきゅう(園児 、店員)
2014年
愛・天地無用!(沙流葉七)
いなり、こんこん、恋いろは。(今出川 、女子生徒)
俺、ツインテールになります。(桜川尊)
極黒のブリュンヒルデ(カズミ=シュリーレンツァウアー)
世界征服〜謀略のズヴィズダー〜(駒鳥蓮華)
Z/X IGNITION(フィエリテ)
ソードアート・オンラインII(女の子 、女子生徒)
ノラガミ(歩喩)
Hi☆sCoool! セハガール(ドリームキャスト)
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(宇佐美智子)
まじっく快斗1412(2014年 – 2015年、中森青子)
魔法戦争(妃えな)
2015年
アイドルマスター シンデレラガールズ(鷺沢文香)
雨色ココア Rainy colorへようこそ!(マダム)
青春×機関銃(女性ゲーマー)
ISUCA(島津須世璃)
VENUS PROJECT -CLIMAX-(下司麗)
オーバーロード(2015年 – 2018年、エンリ・エモット)- 2シリーズ
温泉幼精ハコネちゃん(榛名)
学戦都市アスタリスク(美ヶ原よすが)
がっこうぐらし!(若狭悠里)
ご注文はうさぎですか??(客)
暗闇三太(鹿羽一之介、山田誠)
ケイオスドラゴン 赤竜戦役(イズン)
実は私は(紅本茜)
城下町のダンデライオン(白銀杏)
聖剣使いの禁呪詠唱(高梨恭子)
Dance with Devils(女子生徒)
デス・パレード(宮崎ちさと)
DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD(クリスティーナ)
デュラララ!!×2(2015年 – 2016年、ヴァローナ、少女)- 3シリーズ
電波教師(蔵持円)
トリアージX(小峯蓉子)
緋弾のアリアAA(火野ライカ)
ヤング ブラック・ジャック(ファン)
落第騎士の英雄譚(兎丸恋々)
ランス・アンド・マスクス(リュウ・ユイファ)
乱歩奇譚 Game of Laplace(ヒガシコウジ)
レーカン!(江角京子)
わかば*ガール(黒川真魚)
2016年
宇宙パトロールルル子(ルル子)
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(2016年、2017年、ジュリエッタ・ジュリス)
クラシカロイド(2016年 – 2018年、バダジェフスカ)- 2シリーズ
クロムクロ(白羽由希奈)
競女!!!!!!!!(宮田さやか)
この美術部には問題がある!(小枝木由佳)
最弱無敗の神装機竜(サニア・レミスト)
三者三葉(関口乃々華)
聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ(サラート)
それいけ!アンパンマン(2016年 – 2017年、おやこどんちゃん)
タブー・タトゥー(アイーシャ)
とんかつDJアゲ太郎(服部苑子)
虹色デイズ(森リナ、女子生徒)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(イクタ・ソローク〈少年時代〉 / イクタ・サンクレイ)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?(アプリコット / 御聖院杏)
ハンドレッド(クレア・ハーヴェイ)
ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション(鈴来アイカ)
フリップフラッパーズ(パピカ、パピノ、パピト、パピア、パピヨ、パピヲ、パピコ、パピヤ、パピナ)
モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON(2016年 – 2018年、ナビルー)
2017年
One Room(2017年 – 2018年、花坂結衣)- 2シリーズ
青の祓魔師 京都不浄王篇(宝生蝮)
タイムボカン24(トリカブトの君)
正解するカド(徭沙羅花、受付)
ツインエンジェルBREAK(天月めぐる / エンジェルローズ)
ひなこのーと(桜木ひな子)
覆面系ノイズ(女子生徒1、トモちゃん)
つぐもも(金山たぐり)
有頂天家族2(星瀾)
GRANBLUE FANTASY The Animation(ナルメア)
アイドルマスター シンデレラガールズ劇場(2017年 – 2018年、鷺沢文香、カメラマン)- 3シリーズ
アホガール(栄村茜)
アクションヒロイン チアフルーツ(城ヶ根御前)
ナナマル サンバツ(上月由貴)
ようこそ実力至上主義の教室へ(佐倉愛里)
地獄少女 宵伽(河原)
ねこねこ日本史(ビッドル、古渓宗陳、細川頼元)
キャッチーくんのナイスキャッチ!(M・A・Oちゃん)
王様ゲーム The Animation(本多智恵美)
食戟のソーマ 餐ノ皿(梁井メア)
宝石の国(ヘリオドール)
2018年
刀使ノ巫女(此花寿々花)
スロウスタート(京塚志温)
からかい上手の高木さん(ユカリ)
七つの大罪 戒めの復活(メラスキュラ)
ブラッククローバー(ファナ)
斉木楠雄のΨ難(梨歩田依舞)
伊藤潤二『コレクション』(中山)
りゅうおうのおしごと!(鹿路庭珠代)
覇穹 封神演義(王貴人)
グラゼニ(ユキ、うぐいす嬢)
ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-(カンパネルラ / クロパネルラ)
おじゃる丸(プリン)
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(アンナ / 安中萌)
こみっくがーるず(女子高生)
魔法少女サイト(燐賀紗雪)
ヒナまつり(志保)
邪神ちゃんドロップキック(ベート)
はたらく細胞(好酸球)
悪偶 -天才人形-(李白綿)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所(井上理絵)
ゆらぎ荘の幽奈さん(浦方うらら)
転生したらスライムだった件(シオン)
RErideD-刻越えのデリダ-(マージュ・ビルシュタイン)
うちのメイドがウザすぎる!(鵜飼みどり)

劇場アニメ

2013年
PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring of Birth(女子生徒A)
2014年
劇場版 カードファイト!! ヴァンガード ネオンメサイア(友人)
劇場版 ゆうとくんがいく(ルル)
2015年
劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC / Cadenza(ヒエイ) – 2作品
バケモノの子
2016年
GANTZ:O(山咲杏)
劇場版selector destructed WIXOSS(寛子)
ポッピンQ(タドナ)
2017年
虐殺器官
劇場版 トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-(アナスタシア=L)

OVA

サイボーグ009VSデビルマン(2015年 – 2016年、フランソワーズ・アルヌール)デジモンアドベンチャー tri.(2015年 – 2018年、八神ヒカリ) – 全6章
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 クリスマススペシャル(2016年、宇佐美智子)

Webアニメ

花のずんだ丸(2013年、しらたま姫)土鶸井先輩保護クラブ(2014年、萌恵)
中古ビデオ屋の女店員 X(2016年、坂田千明)プロミストタウン(2016年、瑠香)変形少女(2017年、羽瑠)アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 火曜シンデレシアター(2017年、鷺沢文香)A.I.C.O. Incarnation(2018年、三沢楓)もっと、街に恋をする。(2018年、美月)あるゾンビ少女の災難(2018年、皆川由衣)聖闘士星矢 セインティア翔(2018年、響子)

とかなりの数の出演をしていますね。以外にあの声だったのか!と発見できた方もいるのではないでしょうか?彼女の実力は間違いないようですね。

戦隊シリーズは声優界では、最高峰のお仕事のようですし、最近の声優さんは顔だしで活動するのが普通のようですので彼女のビジュアルと演技力が今の声優という仕事にマッチしたのでしょうね。

 

M・A・O(mao)はキュウレンジャーにも「ワシピンク」の声優として出演!

ワシピンク/ラプター283 声:M・A・O
「宇宙戦隊として、キュウレンジャーとして、ラプター283/ワシピンクを演じさせていただけることをとても光栄に思っています。ちょっと気難しいところがあるラプターちゃんですが、それ以上に可愛らしい部分もたくさんある夢見る乙女なので、その魅力をしっかり表現できるよう頑張りたいです。
9人戦隊ということで、それぞれのメンバーがどのように揃い、戦っていくのか楽しみにしていただければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!」とコメント。
一人の役者が2回以上スーパー戦隊の初期メンバーを演じるのは史上5人目。平成以降では、市道真央が初めて。過去の4人。
伊藤幸雄(ゴレンジャー、バトルフィーバー)小牧リサ(ゴレンジャー、バトルフィーバー)大葉健司(バトルフィーバー、デンジマン)春田純一(ゴーグルファイブ、ダイナマン)

と2018年の新シリーズに再出演することになった市道真央さん。過去作品の役者さんが再登場する劇場版などにもすでに注目があつまっており、また今回は声優陣も豪華だと人気が集中しているようですね。

市道真央さんが、声をあてるワシピンクとラプター283

 

M・A・O(mao)は過去にも、ジュウオウジャーにもゲスト出演していた!

40作目『動物戦隊ジュウオウジャー』放送通算2000回を記念して、35作目『海賊戦隊ゴーカイジャー』の全メンバーが約3年半ぶりにそろって登場するコラボエピソードが2週にわたって放送された。

市道真央さんが出演した、『海賊戦隊ゴーカイジャー』は40作の記念シリーズだったこともあり非常に大事に扱われています。ファンとしても帰ってきた市道真央さんの演技力の高さに好評だったようですね。

また、さらに綺麗になったと彼女のビジュアルや良い部分に再注目されていましたね。

今後も、さらに声優として活躍しながら、顔出しの仕事とさらに活躍の場を広げていくでしょうね。市道真央さんから益々目が離せませんね。

コメント