けちょん(ゆるめるモ!)はアトピー肌?腕のあとがかわいそうと噂!

今回は、ゆるめるモ!初期からのメンバー紫担当けちょんさんについて書いていきたいと思います。

ネット上では、けちょんさんがアトピー肌で可哀想、良くなるといいなと噂になっているようです。早速調べていきましょう。

けちょん(ゆるめるモ!)がアトピーってほんと?

けちょんのブログにてたびたび、アトピーであることを発言
使っている化粧品もミネラル系の肌に優しいもの
ファンが現場で目撃、「アトピーっぽい感じの肌で可哀想だった」

実際に噂になっていますが、調べてみると本人も公言していることや、ファンも実際に、現場で確認しているようですね。

アトピーの友人が管理人にもいますが、本当に辛いですよね…実際に、悩んでいる方や心配している方もいらっしゃると思いますのでアトピーについても調べていきましょう。

けちょんを悩ますアトピー(アトピー性皮膚炎)とは?

アトピー性皮膚炎とは、強いかゆみを伴う皮膚の病気で、症状がよくなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴。また、アレルギー性疾患を発症しやすい体質のことをアトピー素因と呼び、アトピー性皮膚炎の多くの患者がアトピー素因を持っている。

アトピー性皮膚炎に悩む患者の年齢層は小児から成人まで幅広く、小児の10%以上に発症するといわれている。アトピー性皮膚炎によるかゆみはとても強く、子供の成長や発達過程にも影響が及ぶこともある。

多くの人が、小さい頃から発症するそうですね。

けちょんさんも小さい頃からアトピーであり、小さな頃から同じ病院に通っていることをブログなどでも発言しています。

けちょんさんはいったいどの様な症状に悩まれているのか、調べてみました。

アトピー性皮膚炎の症状は、慢性的によくなったり悪くなったりを繰り返す、とても強い痒み。年齢に応じて痒みが生じやすい部位には差がある。例えば、乳児であれば頭や顔に湿疹を認めることが多く、乳児湿疹と混同されることがある。しかし乳児湿疹であれば慢性的によくなったり悪くなったりを繰り返すことはなく、月齢と共に改善することが期待できる。慢性的な炎症が繰り返されていることを反映して、皮膚がごわごわと皮膚が厚く硬くなってしまった状態(苔癬化)になることもあります。

主に、かゆみはもちろんですが、女性にとっては気になる皮膚が厚くなったり跡のようになってしまう状態はとても辛そうですね。

化粧品を気遣ったり、時には治療で注射を我慢する様子がブログにてうかがえます。アトピー性皮膚炎と闘いながらも、グラビアや水着など、<ゆるめるモ!>内でもセクシー担当のけちょんさん。

今後も、病気と闘いながらも、頑張る彼女から目が離せません。

けちょんさんの他の記事
けちょん(ゆるめるモ!)本名バレ?年齢が特定?じつはハーフ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)