でんぱ組の夢眠ねむは性格悪い?元メンバー最上もがと不仲だった?

今回は、でんぱ組.incのメンバー、ミントグリーン担当の夢眠ねむさんについて書いていきたいと思います。元メンバー最上もがさんが脱退したのは夢眠ねむさんとの不仲だったと噂になっています。早速調べていきましょう。

でんぱ組のメンバー、最上もが脱退!

でんぱ組.incのなかでも、一際人気が高く、でんぱ組.incを知らない層にも認知されていた最上もが。男性だけではなく、女性からの支持も高いのが特徴です。しかし、2017年8月6日に最上もが自身のブログで脱退を表明。脱退表明当日にでんぱ組.incを脱退と突然の出来事だった。以下、最上もがブログより

本日、8月6日、でんぱ組.incを脱退しました。突然のお知らせとなってしまい申し訳ありません。また6人でステージに立ちたいという気持ち、メンバーのことを好きな気持ち、何1つ変わってはいないのですが、どうしても心と身体のバランスが取れなくなり、このままでんぱ組.incとして活動していくことがとても難しくなりました。

(中略)

どうか、今後も彼女たちをよろしくお願い致します。最上もがとしての個人の活動は体調をみつつ、続けていくつもりです。メンバーとは道は違っていきますが、心は共にぼくも頑張っていきたいと今は思っています。

最上もが

と人気メンバーだった、最上もがさんが脱退してしまいました。突然の出来事に多くのファンが驚いたようです。

特に最上もがさんはグループの顔として多くの番組に出ていたのでその衝撃は相当なものだったことでしょう。

スポンサードリンク

でんぱ組の夢眠ねむは元メンバー最上もがと不仲だった?

多くの方が気になるところだと思いますが、夢眠ねむさんと最上もがさんは不仲なのでは?と以前からファンの間でも噂になっていたようです。不仲を疑う理由として、

夢眠ねむは、でんぱ組.incのメンバーのなかで2番目に人気を得ている。

メディアの露出度は最上もがのほうがダントツ上である。

夢眠ねむが、最上もがのことを嫉妬する可能性も高い。最上もがは、一時、忙しすぎて体調を崩し、サンリオピューロランドで開催されるはずのでんぱ組.incのイベントに参加することができなかった。

夢眠ねむはこのようにツイートを投稿
『Dear☆Dream Parade』初日、本当にありがとうございました。たっぷりみんなで練習してきたこの数日を見てきたし、ひとりひとりがプロ意識を持って挑んでいたこと、不可能を可能にする姿に心が震えて…この仲間全員で、このパレードができて良かった。#夢みるDS

最上もがの欠席については1つもふれることはない。でんぱ組.incのほかのメンバーで参加できたことを喜ぶ。そのなかの「ひとりひとりがプロ意識を持って」と「この仲間全員で」という内容が最上もがに対しての皮肉ではないかと言われている。

確かに、人気商売といえますから自分より人気があることはあまり喜ばしいことではありません。しかし、同じグループなのに人気があるメンバーのことを悪く思うでしょうか?センターなどは特にないグループですので少し考えすぎなように思います。しかし、インスタグラムに投稿した内容がさらに憶測を呼びます。

でんぱ組のメンバー夢眠ねむは性格悪い?

夢というのも遠すぎるくらい。みれてないレベルの、とんでもない夢が叶いました。この5人と1匹でたくさん練習して、ディアステージの仲間の頑張りを近くで見て。不可能を可能に変える力がディアステージにはある。明日が最後の夢みる☆ディアステージ!全員が幸せになる空間になりますように…!!#夢みるDS

と書かれていた部分に、最上もがさんファンが反応してしまったようです。この部分が皮肉だ、当てつけだ、最上もがさんを無視していると炎上状態になってしまったようですね。

ここからは管理人が考える内容ですが、この時点で、すでに最上もがさんが脱退することは決まっていたことなのではないのでしょうか?アイドルといえど自営業ですので、サラリーマンのように即日退職とはいきません。受けてしまった仕事はこなさなければなりませんし芸能活動を続けるのであればやめるとはいえ仕事を飛ばしてしまうことは不可能です。

夢眠ねむさんのプロ意識から、体調不良とはいえ仕事を休んだことを少し快く想っていなかったのかもしれません。

 

でんぱ組の元メンバー、最上もがは性格悪い?

「ピンキーさんがメンバーに一切相談もなくベリーショートにしていたので、かなりグループでのバランスが崩れました。なのでぼくはしばらく切らないことにしました。」と、ピンキーこと藤咲彩音が勝手に髪を切ったことに対して中傷し、さらには「#事後報告のベリショヤバい」とタグ付けする始末。「どうしたもんか」「自分が自分にならないのがグループである」などとも批判していた。これに対し、ファンからは「ネットでメンバーの陰口って…」「こういうの普通表に出す??」「性格悪すぎ…」と非難が殺到してしまった。

とグループのメンバーをネット上で避難してしまった最上もがさんにも、非難が集中しています。また、

最上もがは幼少期から虚弱体質ということで、体調不良が原因で生放送をドタキャンしたことがある。その際、ファンから「自分の事しか考えてないワガママな性格だ」とたたかれたことも。

と藤咲彩音さんの勝手な行動を非難しておきながら、体調不良を理由に休むのかとアンチや藤咲彩音さんのファンから指摘されることもあったようです。

最上もがさん自身、体調不良を強く訴えていたこともあったようですので、自分のペースで活動できないことに不満を抱えていたのかもしれません。それが、藤咲彩音さん(ピンキー!)の勝手な行動を非難してしまった原因かもしれませんね。

 

でんぱ組の元メンバー最上もがは今後ソロで活動することに

不仲説が確実なものになっているが、でんぱ組.incのメンバーは不仲説を遠回しに否定。最上もがも、以下のようにでんぱ組.incの不仲説を否定。

「ファンの方やアンチやその他のよくわからん人に不仲とか言われるけど、寄せ集めグループではじめから仲良い人達っているのですか?少なくともぼくはあなたたちよりメンバーのことよーく知ってるし大好きですよ。今も昔もメンバーのこと、そんじょそこらのよーわからんやつに悪口とか批判されるのが一番腹立つよ」とコメント。

でんぱ組を脱退した最上もがさんはその後にこの不仲騒動を否定する内容のツイートをし、火消しにはいったようですね。

最上もがさんは今後、ソロで芸能活動を行うようです。脱退発表から2か月後にドラマに出演したそうですので双方、問題はなかったと思いましたが…。やはりでんぱ組のファンが気づいてしまったようで、

最上もがが脱退翌日に、でんぱ組.incのほかのメンバーのTwitterフォローを全て外してしまった。ファンは「最上もがが脱退直後に他メンバーを即リムーブ」「コワイ」とツイート。

やはり、なにかがあったか?と考えてしまいますが、以下のように

2018年8月5日、でんぱ組.inc脱退から一年の節目にディアステージとのマネジメント契約を解除。個人事務所・スプレマシーに籍を移したことを発表した

と個人事務所での活動に切り替える為、前の事務所との関連を清算するための行動のようですね。

単純に今回の、騒動は管理人はたんにファンやアンチが騒ぎすぎたように感じました。

ファンの方は、今後は個々に頑張っていく二人を応援していくことになるでしょうが、いつか事務所のディアステージ全体イベントなどに参加したりすることがあったらいいですね。

 

夢眠ねむが2018年10月13日に卒業&引退を発表!

夢眠は「芸能活動10周年を機にでんぱ組.incを卒業、そして芸能界を引退致します。長い時間をかけて決めたことなのですが、急な発表で驚かせてしまって申し訳ありません」と報告。さらに引退後は、自身が考案したキャラクター・たぬきゅんのプロデュースや、書店開店を目指して活動することを宣言した。関係者によると、昨年から卒業を考えていたという。

突然の発表になりましたね。管理人も朝、気づいて飛び起きた状態です(笑)結局、最上もがさんの再共演とはなりませんでしたね。

本人の直筆メッセージ

「やりたいことをやることができたなっていう満足感はありましたね。それが2017年の初夏あたりでした」

インタビュー記事がすでに作成されていたことを考えると、本当に去年から決まっていたようですね。インタビュー内容のなかでも、最上もがさんについてコメントしていました。

「もがちゃんが体調の関係でどうしても辞めなきゃいけなくなって、これまで引っ張ってくれた大事な存在がいなくなってしまった。その後に新メンバーが入ってくれることになったので、今踏ん張るのは私だなって気持ちはありました」

追加で召集されたメンバーのことも気遣いながら、自分の夢も語る内容は非常に夢眠ねむさんの優しい部分が感じられる内容になっていました。

今後は裏方に専念。特に「書店」と「キャラクター」への思いが強い。

「本屋さんを作りたいとずっと思っているので、リアルな店舗でやるのが目標ですね。あと『たぬきゅん』っていうキャラクターを作っているので、そのプロデュースにももっと力を入れたい。たぬきゅんをアニメ化するのも目標ですね」

今後は、プロデュース業に専念するようです。表に出て活動するのもアイドル活動を終えたら終了となるようですね。

以下は卒業に対して、他のメンバーの反応、

 

一番仲のいいピンキーこと藤咲彩音さん

リーダーの相沢梨紗さん

センターの古川未鈴さん

成瀬詠美さん

新メンバーの鹿目凛さん

新メンバーで同じ系統色担当で夢眠ねむの継承者

根本凪さん

 

他にも、続々とコメントがでています。そして気になる最上もがさんですが、特にコメントは出していませんが気になるツイートを発見しました。

夢眠ねむさんの卒業発表の速報ニュースが入るのとほぼ同時に更新していますので間違いなく夢眠ねむさんのことだと思います。

やはり、不仲ではなく、きちんと仲間として理解しあっていたのかもしれませんね。

今後は、表の活動はありませんが、たぬきゅんのプロデュース活動など積極的に裏方として活動していくでしょうからプロデューサー夢眠ねむの今後が楽しみですね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)