元AKB48の大島優子が現在はネパールへ留学した?芸能活動はどうしたの?

2018年にアメリカでの語学留学を終えた元AKB48の大島優子さん。

前田敦子さんや篠田麻里子さんなど元AKBの結婚報道が相次いでいますが、AKB一のエンターテイナーと言われた大島優子さんの留学後の現状はどのようなものなのでしょうか?

若い時から芸能界で活躍していると、さほど年をとってなくても劣化したなどと揶揄されやすいですが、1988年10月に三十路を迎えた大島優子さんが、あの可愛いらしい童顔をどの程度まで維持できているのか気になります。

この記事ではそんな大島優子さんの最新情報を画像を交えてお送りいたします。

元AKB48の大島優子は現在もかわいい?


左端が大島優子さん

アイドル時代と変わらない可愛さがありますね。しかし、やはり年齢を重ねた分きれいな女性的な部分も垣間見えますね

スポンサードリンク

 

大島優子のプロフィールと経歴

本名:大島優子

生年月日:1988年10月17日

出身地:栃木県

所属:太田プロダクション

詳しい経歴は以下にまとめてみました。

経歴

  • 1996年からセントラル子供劇団所属の子役として活動。
  • 2000年ごろからジュニアアイドルとして活動。
  • 2005年にアイドルユニット「Doll’s Vox」に所属。
  • 2006年、AKB48に2期生として加入。
  • 2007年、太田プロダクションに移籍。AKB48として『NHK紅白歌合戦』に初出場。
  • 2009年、映画初主演。
  • 2010年、『AKB48選抜総選挙』で前田敦子を抑えて1位を獲得。
  • 2011年、北原里英、指原莉乃、横山由依とともにユニット「Not yet」を結成。月9ドラマ『私が恋愛できない理由』にレギュラー出演。
  • 2012年、『AKB48選抜総選挙』で2度目の1位を獲得。
  • 2014年6月、AKB48を卒業。
  • 2015年、映画『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。
  • 2017年、アメリカ留学。
  • 2018年、帰国。

女優業に専念していた大島優子さんですが、アメリカに留学していたようですね。

スポンサードリンク

 

元AKB48の大島優子の現在の画像は?抱き合っている男性はだれ?

大島優子さんの最新画像を検索すると、白人中年男性と抱き合っている写真が出てきます。これは本人のInstagramに2月中旬ごろに投稿されたものなのですが、一体どういうシチュエーションでこの外国人男性は誰なのでしょうか?

とても気になるのでさらに詳しく調べてみましょう。

スポンサードリンク

 

元AKB48の大島優子の現在は留学?

経歴にもあるように2017年7月に突然アメリカ留学を宣言して、語学を学ぶため8月に渡航されました。

当時のメディアではニューヨークでエンターテイメントを学ぶためと報じられましたが、実際には場所は不明ですがカレッジで語学留学をしていたということを帰国後に明かしています。

このタイミングでの突然の留学にファンは驚きましたが、実は本当の理由は別にありました。

その年のAKB総選挙でランクインしたNMB48の須藤凛々花さんが結婚を電撃発表したのですが、先輩である大島さんがInstagramで須藤さんに対し否定的な意見を表明した際に、「F○CK」とデザインされたキャップを被っていたため炎上してしまい、その騒ぎが収まるまでの冷却期間だったというのが真相です。

 元AKB48の大島優子の現在はネパール?

留学中は芸能活動を休業するという報道もありましたが、これはすぐに否定されました。

2018年3月にはフジテレビの大島優子の旅シリーズ企画第3弾『大島優子ネパールに行きたい! 天空のヒマラヤと野生の楽園を巡る』が放送されました。

現地では象に乗って移動したり、ヒルに噛まれるなど貴重な体験をされたようです。

「ネパールに来て一番怖かったのはヒルです。もうヒル地獄! ヒマラヤの入り口をトレッキングしましたが、山ヒルに次々に襲われました! 」

恐怖のあまり夢にまでヒルが出てきたそうです。

 

元AKB48の大島優子の現在の仕事は…

留学を終えてから最初の大きな仕事は2019年1月初演のドストエフスキー原作の舞台『罪と罰』でした。

難しい役どころである娼婦のソーニャを演じました。

主演の三浦春馬さんからは次のようなコメントがあります。

「中盤辺りで、演出家の求めることと役を構築するにあたってのメソッドを試している最中に、うまくできない瞬間がありました。彼女はそこで感極まってしまったのですが、その時にこんなにまっすぐに向き合う方なんだと気づきました。その姿にみんなも前を向いて、彼女も頑張っているから自分たちも頑張らないといけないと思わせてくれました」

周りの俳優やスタッフに刺激を与えるほどの入れ込みようだったようです。

三浦さんからは手書きのメッセージも渡されたみたいで、そこには

『一緒に頑張ろう。味方だよ』

と書かれていたそうです。


真ん中は宮澤佐江

この舞台の演出家はフィリップ・ブリーンという方だったのですが、英語を習得したことで大島さんに大きなメリットがあったようです。

「(英語は)6~7割くらいしか分からなかったですけど、ご本人の口から演出を受けて少し理解できるようになったことは自分にとってもいい経験になったと思います」

気鋭の英国人演出家に直接指導されたことで女優として確かな成長をした大島さんは千秋楽後に感謝のメッセージをInstagramに投稿しています。

一年のブランクがあった私をしっかりすくい上げてくれたフィリップに、心から感謝しています。大胆だけど、緻密に、遊び心のある演出は、彼がこうしてみたら?とアイディアを発言するたびに、驚かされっぱなしでした

抱き合っている外国人男性とは舞台の演出家でした。

舞台『罪と罰』は2月に終演。一仕事を終えた大島優子さんに2019年秋からの大きな仕事が飛び込んできました。

その仕事とはNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』(脚本:水橋文美江)に出演するというものです。


後段真ん中が大島優子さん

大島さんにとっては2015年度下半期『あさが来た』で平塚らいてうを演じて以来3年ぶりの朝ドラ出演となります。


画像は『あさが来た』

『スカーレット』で大島優子さんが演じる役柄は主人公の同級生でお嬢様の熊谷照子役なんだそうです。

舞台での娼婦役からお嬢様役への役作りの切り替えなど女優魂が試されますが、短期間での朝ドラ再出演は視聴者から演技が好評だったという証であり、主演で女性陶芸家役の戸田恵梨香さんとは以前に共演済みということもあり、息のあった演技が期待されています。

同い年の戸田さんとはプライベートでも仲良しだそうで、制作発表会で意気込みを次のように語っています。

「恵梨香を支え盛り上げるということに努めていきたいと思います」

娼婦からお嬢様まで様々な役柄を演じ分けるほど女優として成長した大島優子さん。

今までは元AKB48の肩書きの恩恵を受けていたことは否めませんが、これからは女優大島優子としてアイドル時代以上の活躍が期待されます。

以上、大島優子さんの最新情報をお届けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)