滝沢カレンの四字熟語の芸能人まとめ一覧!高畑充希や堺雅人!出川と有吉も?

モデル

モデルでありながら、バラエティタレントとして大成功した滝沢カレンさんの活躍には目を見張るものがあります。

特にその独特のセンスで四字熟語だけであだ名をつける芸が大人気となり、今や彼女の代名詞とまでなりました。

そんな意外な特技で花開いた滝沢カレンさんがこれまでにつけた四字熟語あだ名を振り返るとともに、あの大物芸人との才能の比較も載せてみました。

それでは早速みていきましょう。

滝沢カレンのあだ名四字熟語の初めはアメトーーク?しゃべくり?

滝沢カレンさんのトークが注目され始めたのは、2015年6月放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」でした。

度々話の筋が見えないような発言をしていたため、他の出演者から「何歳から日本で暮らしているのか?」などと突っ込まれた。

これ以降、『しゃべくり007』『行列のできる法律相談所』『アメトーーク! 』など数多くのバラエティ番組への出演が急増しました。

その独特な言語感覚が「じわじわくる」「クセになる」など視聴者からの反響を呼び、「生まれも育ちも日本なのに日本語が苦手」というキャラクターで注目を集めた。

ポストローラとも呼ばれて期待が高まる中で、滝沢さんはある得意芸を身に付けました。

その得意芸とは「著名人に四字熟語であだ名をつける」ことです。

これにより滝沢さんはさらに注目されて

「テレビで見ない日がない」という表現が大げさではないほど、バラエティー番組で活躍

超売れっ子となったのです。

そのきっかけとなったのが、2017年3月に出演した『ザ!世界仰天ニュース』でした。

「人に四字熟語をつける」という特技を持っていることを明かし、出演者たちに独自の四字熟語をつけた。

この時につけたあだ名は次の通り。

笑福亭鶴瓶「快楽名人」

中居正広「支配抜群」

関口メンディー「生涯踊り子」

尾上松也「単独行動」

これがスタジオ内だけでなく、視聴者にも大受けしたことから、以降テレビやイベント出演の際に滝沢さんが四字熟語であだ名をつけることが恒例となったのです。

中でも評判の高かったあだ名を紹介します。

スポンサードリンク

 

滝沢カレンのあだ名四字熟語①ジャニーズの嵐

まずは『嵐にしやがれ』出演時に披露した嵐のメンバーのあだ名から

相葉雅紀「馬鹿脱皮」

大野智「海釣地蔵」

櫻井翔「服装迷走」

二宮和也「趣味在宅」

松本潤「俺松本潤」

この命名センスにアラシックの皆さんも感嘆の声をあげました。

「俺松本潤wなんかわかる笑」

「声出して笑うほど面白かった」

「松潤だけ自己紹介w」

「おもしろすぎる」

「どれも秀逸」

「海釣地蔵じわじわくる」

「服装迷走wwパーカーonパーカーとかするもんねw」

メンバーの性格や趣味などの特徴を絶妙に捉えていると高評価の嵐です。

スポンサードリンク

 

滝沢カレンのあだ名四字熟語②さんま

続いてバラエティ進出のきっかけにもなった大御所芸人明石家さんまさんのあだ名。

明石家さんま「圧倒的口数」

なんと、5文字!?

四文字では良い案が浮かばなかったんでしょうか?

これは2017年末の『行列のできる法律相談所 行列2時間生放送!クリスマスザンゲSP』での一幕でした。

共演者からも「五字熟語」にしてしまったミスを突っ込まれています。

この時の番組では、他にも

梅沢富美男「本業不明」

りゅうちぇる「行先何処」

と、こちらは見事な命名芸を披露しています。

 

滝沢カレンのあだ名四字熟語③高畑充希

続いて女優の高畑充希さんのあだ名

高畑充希「目鼻口近」

これも別の回の『行列のできる法律相談所』で披露しました。

同じ日の放送ではあの有名男優にもあだ名をつけています。

 

滝沢カレンのあだ名四字熟語④堺雅人

その男優とは堺雅人さんです。

そのあだ名がこれまた絶妙なセンスで爆笑を誘いました。

堺雅人「恵比須顔」

あだ名命名芸人滝沢カレンの快進撃は続きます。

 

滝沢カレンのあだ名四字熟語⑤出川哲郎

もう一つ傑作あだ名を紹介します。

出川哲朗「職業激痛」

リアクション芸人として現在の地位を築いた出川さんを漢字4文字で見事に表しています。

 

滝沢カレンのあだ名四字熟語は有吉を超えた?

このように傑作あだ名を連発する滝沢カレンさんですが、同じ芸風の先輩といえば、元猿岩石の有吉弘行さんがあげられます。

猿岩石解散後低迷していた有吉さんが奇跡の復活を遂げたのも「あだ名命名芸」によるものでした。

代表作は品川庄司・品川祐へのあだ名です。

「おしゃべりク○野郎」

「おしゃ○ソ事変」とまで呼ばれた2007年8月の『アメトーーク!』での出来事は、それまで映画監督を務めるなど絶好調だった品川に対し、世間が口に出せずにいた悪感情を見事に表現して喝采を浴び、落ち目だった有吉と売れっ子の品川の立場が逆転するまでに至りました。

当時、有吉が名付けたあだ名と滝沢さんがつけたあだ名と同じ人物で比べてみましょう。

※前が有吉命名、後が滝沢命名

中居正広 ニセSMAP 支配抜群
大野智 カレーパン 海釣地蔵
櫻井翔 説明 服装迷走
二宮和也 早退 趣味在宅
有田哲平 ク○人間

ハゲく○しゃくれ

超起爆剤
笑福亭鶴瓶 無駄話嘘太郎 快楽名人

どちらが優れているかは評価する人次第だといえますが、ある識者は両者の違いを次のように分析しました。

どちらもその人の特長や魅力を端的に表しているが、有吉さんは同業のお笑い芸人に対してかなりの辛口だ。

一方、滝沢さんは直感的でありながらも、ちゃんと四字熟語として成立させている。

また、別の識者もこう評価しています。

滝沢カレンさんがつけるあだ名には誰も傷つかない抜群のセンスがある

さらに、テリー伊藤さんはこう褒め称えました。

「一生食っていけるんじゃないの」

しかし一部の関係者からは、あまりにもよくできたあだ名の出来栄えに、滝沢さんが本当に自分で作っているのか疑う声も出てきました。

 

滝沢カレンのあだ名四字熟語は作家が付いてる?

2017年7月のアサヒ芸能でも次のように報じられました。

滝沢カレン 面白すぎる発言連発で「ブレーンの存在」が急浮上!

「一流の芸人か構成作家の誰かがブレーンとして付いているのでないか、という噂です。もっとも彼女はアドリブでも面白いので、単なる噂にすぎないのかもしれませんが」

専属ブレーン説まで流れるほど卓越したあだ名命名芸をもつ滝沢カレンさん。

そんな声など吹き飛ばすくらいのさらなる活躍を期待いたしましょう。

 

 

コメント