GACKT(ガクト)の筋肉サプリは詐欺?変なしょぼい筋肉になる?画像は?

今回は、イケメンタレントと噂になり、年齢不詳のGACKTさんについて書いていきたいと思います。

仮想通貨など、胡散臭い噂で話題になっているGACKTさんですが、筋肉サプリメントが詐欺では?と噂になっています。早速調べていきましょう。

 

GACKT(ガクト)の筋肉サプリメントは詐欺?

GACKT周辺でトラブルが続出しており『筋肉サプリ』は販売を中止したという

こんな内容の記事も発見しました。実際に、ネット上でも検索して調べてみましたが販売終了することは間違いないようですね。

既にGACKTが宣伝していたサプリメントは販売停止になっている。

2018年2月販売終了。2月時点で販売終了を公表。販売ページは在庫処分セールに変わっていたようで、GACKTの写真も消えているのでGACKTとの契約が切れたんだろう。本当に愛用しているなら、今でもGACKTは使っているんでしょうが、まあそんなことは無いでしょう。

上記の画像のサプリメントをかなり宣伝していたようですね。しかし、GACKTさん自身は数回宣伝しているだけで使用している感じはまったくSNSからは感じませんでした(笑)

かなり怪しいなと感じますよね(笑)かなりまずいなと思う内容がありました。以下になります。

「成分表示が見当たらない(私が見つけられない)から教えてくれないか。」と伝えました。 すると、しばらく保留にされた後「こちらは販売用の番号でわかりかねますので、お客様相談室のほうにご連絡ください」と伝えられた。

ちょっと信じられませんよね。体内に入れるものでこんな状態では、管理人としては全く信用できないですね。

しかし、GACKTさんが悪いというよりも販売の会社がまずいという感じですので、広告塔として利用されてしまって可哀想にかんじます(笑)

 

GACKT(ガクト)の筋肉は変?しょぼい筋肉なの?

筋肉を肥大させる効果がある筋肉ステロイド。いわゆる薬を使って筋肉をつけているから下っ腹が不自然になったのではないかとの噂もあった。しかし、ガクトは『ステロイドをはじめとした薬の服用は一切していない』ときっぱりと否定。

ステロイド剤などの使用が疑われていたGACKTさん。しかし、これについてはまったくのデマなようですね。簡単に手に入るものではありませんから。

ガチマッチョの人と比べるとたしかにショボイように見える。それはガクトに限った話ではない。それに、細マッチョを目指している場合はガクトの体に憧れる人も多いのでは?

ネット上の意見で多いのはこの内容ですね。ボディビルダーの画像と比べれば確かにしょぼく感じますよね。

GACKTのボディメイクは、常に何かテーマを持っています。俳優用、ツアー用、広告用と、体は微妙に変化している。

また、GACKTさんは筋肉を大きくしたり小さくしたりすることが得意なようで、仕事の内容に合わせてボディメイクするようですね。サプリメントではこの特技を利用されたようですね(笑)

 

GACKT(ガクト)の筋肉画像は?肉体美!

毎日毎日欠かさず筋トレしているGACKTさん。鍛え上げられた肉体に多くのファンが魅了されていますが、画像を確認していきましょう。

 

GACKT(ガクト)のセクシーな腹筋が凄い!

40代とは思えない肉体美ですよね?毎日繰り返してトレーニングすることで、多くの大小様々な筋肉を鍛えているからこその肉体ですよね。

 

GACKT(ガクト)は腹筋ローラーをつかってる?

腹筋を鍛える道具としては有名な腹筋ローラー。ガクトは腹筋ローラーを立った状態から床すれすれまで体を伸ばして行っている。やってみるとわかるが、腹筋ローラーを立った状態で行うのはとてもきついので相当な腹筋力が無いと出来ない。ガクトは日々の筋トレによって身につけたのだろう。

あまり、ウェイトトレーニングはしないGACKTさんですが、腹筋ローラーや鉄棒などは利用するようです。腹筋を鍛えすぎて負荷が足りなくなってきたんでしょうね。実際に、テレビなどでも腹筋ローラーを使用しているシーンはありますが、まったく意味がないくらい(笑)平然と行っています。

 

GACKT(ガクト)の筋トレメニュー(トレーニング)は?

毎朝欠かさず行っているというトレーニング。普段は腕立てと腹筋を200回ずつやってから懸垂と柔軟を計1時間ほどかけて行う。さらに、ウェイトトレーニング、アクロバット、ハードストレッチ4時間半を週3回、テコンドー道場で3時間半の稽古を週2回・・・で身体を鍛え、残りの2日も軽いストレッチと筋トレを欠かさない。

20代の後半から繰り返しているようですね。徐々に体が慣れてくるので年々負荷が上がっているのが気になりますが(笑)

そんなハードなトレーニングをしているGACKTさん。一体どんなトレーニングなのか確認してみましょう。

デクラインプッシュアップ GACKT ver.①

デクラインプッシュアップは、椅子やバランスボールに足を乗せて行う腕立て伏せのこと。重心が上半身に移動するため、一般的なプッシュアップよりも、効果的に上腕三頭筋を刺激できます。そこにさらにアレンジを加えたGACKTさんのトレーニングなら、一層刺激を強められますよ。

かなり、きつそうです(笑)GACKTさん流のトレーニング方法なので、すでに筋トレを行っていて物足りないかたが真似するようにしてください。

 

デクラインプッシュアップ GACKT ver.②

デクラインプッシュアップとワイドプッシュアップを合体させた筋力トレーニング。上腕三頭筋への刺激が強めだった【デクラインプッシュアップ GACKT ver.①】と比べると大胸筋からウィング(あばら近くに筋肉)を鍛えられるという違いがあります。

こちらも同じように筋トレしているかた限定方法です(笑)かなり負荷が大きいですが、体型を維持するためには、男性の場合は、大胸筋などの腕や胸周りの筋肉と太ももの筋肉を多く鍛えることが重要なようですね。

 

バイシクルクランチ GACKT ver.

下腹部と腹斜筋に刺激を届けられるバイシクルクランチを改良したトレーニングです。今回ご紹介する筋トレの中では難易度低めなので、お腹周りのお肉が気になるという男性は今すぐ行ってみてください。

太ももを鍛えることが出来るトレーニングですね。このトレーニングは比較的に簡単ですので真似してみてもいいんではないでしょうか?デスクワークの方は少しくらいの運動がないと訛っていってしまいますから簡単なことから始めてもいいかもしれませんね。

 

クランチ GACKT ver.

腹直筋を重点的に鍛えられる筋トレ「クランチ」を改良して作られたトレーニング。僧帽筋、腹直筋、大腿四頭筋、大臀筋とありとあらゆる筋肉を刺激できるため、これを毎日続けるだけでスマートな筋肉に仕上がるそう。難易度は高めですが、ぜひ一度試してみてください。

この方法はかなり難しいようですが、効き目がかなりあるようなので、体型にちょっと自身がなくなってきたかたはチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

GACKT(ガクト)の自分ルールはストイック?

本格的に体を鍛え続けているガクト。一体何故、ここまでして体を鍛えるのかというと、ライブで大勢の人の前に立つ以上は体を鍛えて仕上げておくのは当たり前のこととコメント。ガクトがトレーニングをするのは毎日のようで、それはライブ中も変わらないとのこと。何でも、ライブが始まる12時間前からスタッフや大勢の関係者と一緒にトレーニングに励むことで一体感を作り上げていると話していた。

毎日欠かさずトレーニングしている時点でかなりストイックな印象ですが、多くのファンのためにも継続しているんでしょうね。

また、ストイックさは食事にも表れています。

GACKT(ガクト)は食事制限している?

基本的に炭水化物は摂らない。野菜中心の食生活。彼はお米を10年以上も食べていない。朝食はGACKTオリジナル野菜ジュースのみで、昼は一切食べない。夜ご飯にたくさん食べる。

かなり特殊な食事制限を行っていますよね。普通のかたは真似しない方がいいでしょうね。全く炭水化物をとらないようですが、最近の食文化では炭水化物が含まれる食事が多いとも言われているためそれを信じているんですかね?

ガクトさんはもともと白米が大好きなようですが、成功するためにはなにかを犠牲にしなければいけないということで、白米を食べないようにしているんだとか。

白米を食べない理由は、一種の成功法則みたいなものでしょうか?ゲン担ぎ的にやっているんでようかね?

ガクトは炭水化物を取らないだけではなく、牛肉を一切食べないようにしたり豚肉や鶏肉を食べない期間を設けるなど、とにかく食生活を徹底的に管理。しかし、食べないだけではなくしっかりと食べる期間もあるようで、その時は焼肉を10人前は食べるとのこと。

ボディメイクをする際に、テーマを決めて何のための体作りなのか明確にして行動するようですね。仕事を第一に考えているプロフェッショナルな行動ですね。

 

GACKT(ガクト)の使うプロテインは?

GACKTさんはまったく、プロテインを使用していません。食事制限のみですね。上記にあったサプリメントも数回告知されたのみで使用している感じはありませんので、騙されないようにしましょう(笑)芸能人は結局は広告塔でしかありませんので。

 

派手な、プロモーションで注目が集まりやすいため、詐欺などに利用されるGACKTさんですが、日々の地道な活動がGACKTさんを支えているんでしょうね。ファンもそこに惹かれているんではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)