光宗薫は絵の天才?プレバトで魅せた!水彩画やボールペン画が凄い!

タレント

今回紹介させていただく人は、アイドルグループのAKB48の元メンバーの光宗 薫(みつむね かおる)さんです。

1993年4月26日生まれ、現在25歳です。

2017年に光宗薫さんは自身のtwitterで体調不良の為に活動を停止する事を発表されていました。

そんな光宗薫さんについてまとめてみました。

光宗薫は絵の天才?

光宗薫は絵の天才と言われていますが、どんな絵を描かれるのか気になりますね。

光宗が、今度は個展を開催するという。

光宗は絵を描くのが趣味で、独特なタッチの絵をたびたび発表していた。

Twitterのプロフィールにも「ボールペンで絵を描くのが好きです。

今年中に個展します」と記載

twitterで光宗薫さんがボールペンで絵を描くのが好きと言ってました。

ボーペンだけで絵を描くのって難しそうですよね。

なんだかよくわからないものを描いていますが、若干病んでる風でもありますね。

光宗薫は絵は習ったことはなく独学だそうです。

この雰囲気は独学ならでは、という気もします。

光宗薫さんは絵を習っていたわけではなく、独学であれだけの絵が描けるのは生まれ持った才能でしかないですね。

個展までするというのは凄いです。

絵は上手なのかもしれませんが、少し不気味な絵だなって私は思ってしまいました。

不気味だけど、あのデッサンを考えられるのも才能なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

光宗薫が絵の実力をプレバトで魅せた!

光宗薫さんが「プレバト才能ランキング」で驚異の実力を見せたようです。

光宗薫さんは、2016年4月28日の放送回を皮切りに、水彩画検定でプロも舌を巻く高レベルの絵の才能を披露し続けています。

プレバトで見せた水彩画の絵の画像です。

この像の絵は見事ですね。

上手としか言えないですね。

水彩画の先生は、光宗薫さんの絵を見て、とても生き生きしている、描写がしっかりしていてゾウの気持ちまでにじみ出ていると、絶賛していました。

こうして、特待生2級から特待生1級へと昇格した光宗薫さん。

名人への道を引き続き頑張っていってほしいですね!

プレバトで昇給している光宗薫さんです。

私から見ればプロ級に上手だと思ってしまいました。

光宗薫の水彩画が凄い?

光宗薫さんの水彩画が凄いと言われています。

番組内で評価とお手本の指南をしたプロも「参りました」と絶賛し、司会の浜田も、「先生がお手本を描いても勝てないと言っていた」と紹介するほど。

プロをも唸らせる技術を持っている光宗薫です。

光宗薫さんの先品には評価をする先生も音本の書きようがなかったいう事はそれだけ才能があるという事ですね。

スポンサードリンク

 

光宗薫のボールペン画が凄い?

光宗薫さんのボールペン画がスゴイと言われています。

昔から絵を書くのが大好きだったという光宗薫さんは、2013年10月からボールペン画による個展「スーパー劣等生」を開催している。

ボールペンだけで描く絵って凄いですよね。

絵を描く才能はどうやら天性の様である。

全くの独学で水彩画などを描いて来たそうだから大したものである。

独特のタッチで描く絵やイラストは、かなり評判だったらしい。

だが、確かに絵は上手いが同時に気持ち悪いという声も多かった。

どんなボールペン画を描かれているのか紹介します。

光宗薫さんさんの書かれる絵は独特な感性があるように思います。

好きな人は光宗薫さん描かれる絵が好きだと思います。

中には気持ち悪いと思われる人もいるのかなっとも感じます。

ボールペン画が上手なのは誰でも認めるのではないでしょうか。

光宗薫は個展もしてる?

光宗薫さんが絵が上手なの事はわかりました。

個展なども、されているのか気になりますね。

あれほど上手なので個展されているかもしれません。

光宗薫は1993年大阪府出身。2011年頃から芸能活動の傍ら独学で絵を描き始める。

無印良品のポリカーボネイトボールペン0.7mmのみを使用し、昆虫や自身の姿、空想の生物などをモチーフにした作品を発表。

2013年には、大阪の味園ビル Galaxygalleryでボールペン画個展「スーパー劣等生」を開催した。

ボールペン1本のみで空想の生物などをモチーフにした作品を発表していました。

2013年に『スーパー劣等生』という個展を開催されていました。

6年ぶりに個展を開催されるようです。

今回個展ガズラーが開催されました。

ヴァニラ画廊で、光宗薫による個展「ガズラー」が開催される。期間は2019年1月5日から20日まで。

今回の個展のモチーフは次のようです。

自らを抑圧し過ぎたことで暴走した自身の姿をなぞらえ、実直かつシニカルに内面性を吐露した作品を展示。

「昆虫」と「自己」をモチーフにしたファンタジックな世界観の原画や写真作品が並ぶほか、光宗が在廊し制作を行うインスタレーションの開催を予定している。

会場では限定グッズやカタログなどが販売される。

昆虫や自己をモチーフにした作品のようです。

写真作品なども展示されていたようですね。

ファンの人には見逃せない個展だったのではないでしょうか。

会場ではグッズなども販売されていたのはファンの人には嬉しいですね。

これからも、素敵な絵を描いて個展をどんどん開催してほしいですね。

コメント