小林麻央の顎に転移したがんは皮膚癌?画像(写真)は?

タレント

今回は、市川海老蔵さんの妻で、がんと闘病した小林麻央さんについて書いていきたいと思います。

小林麻央さんが最後まで闘ったがんについてまとめてみました。

小林麻央は癌だったの?病状は?

2014年2月、人間ドックで「五分五分で癌」

麻央さんは、2014年2月、海老蔵さんと共に人間ドックで健康診断を受ける。その時に超音波の検査で乳房に腫瘤が見つかり、医師に「五分五分で癌」と言われたという。

精密検査

麻央さんは、人間ドッグでの腫瘤発見後、精密検査を受けている。そこでの超音波やマンモグラフィーによる精密検査では、触診でしこりが確認されたものの、当時授乳中だったために「心配いらないですよ」と言われたという。この時、麻央さん側から生検について提案していたが、不要と言われたことも明かしている。

2014年10月、「半年後の再検査」に行かず、しこり発見

精密検査を受けた病院からは「半年後の再検査」を提案されていたが検査に行くことができず、左の乳房にしこりがあることを、自分で確認したという。その後、病院で脇にもしこりがあることがわかった。

精密検査をしたお医者さんがあまり良くなかったようですね。後々、小林麻央さん自身も自分が犯した過ちは、精密検査をしたお医者さんを信じてしまったことだとブログにも綴っています。

忙しい職業ではありますが、大事になってしまったことを考えるとお医者さんを悪くいうメディアに納得せざるを得ないですね。

妻の病気に会見中でもスマホを手放さない市川海老蔵さん

市川海老蔵さんも、舞台の会見中にスマホをいじったり、全く集中できておらず、台詞を飛ばしてしまい稽古場の袖で怒られたりと、うわの空が続いていたようです。

しかし、小林麻央さんの病気について会見することが決まり、周囲に病気のことを話すと納得してもらえたようです。

スポンサードリンク

 

小林麻央は花咲乳がんだった?

状況から察するに、早い段階でがんの皮膚転移がお腹にまで広がり、がん細胞が皮膚を突き破る『花咲き乳がん』の状態だったと考えられます。名前は美しいですが、患者は痛みはもとより、皮膚から突き出た腫瘍から発せられる腐臭によって、精神的にも苦痛を味わうことになります。腫瘍は熱を持ち、魚の腐ったような臭いを放ち、肌着が濡れるなど、目に見えて辛いという。麻央さんも病床で涙したそうで、これは看病する家族にとってもたまらない光景だ。

後の方でも記載しますが、小林麻央さんの癌は、成長性の癌で進行が非常に速かったようです。リンパ線や血管を通じて、他の場所へ転移するそうで、小林麻央さんは、乳がんから、骨、皮膚と徐々に転移する場所が増えていったようですね。

スポンサードリンク

 

小林麻央のがんの治療法は?

麻央さんが3ヵ月後に受診して、いち早く標準治療を開始していれば、完治できないまでも、より長く生きられた可能性はあります。ですが、早く治療を開始したとしても、がんの成長を止めることができず、結果として同じ頃に亡くなった可能性も十分ありえます。あるいは、早くから積極的な治療に挑んだ結果、体に負担がかかり過ぎてしまい、かえって命が縮む可能性も否定できません。

標準治療というと、「通常の」、「当たり前の」治療と思ってしまいますが、医療においては、その病気に対して標準の治療。つまり現状の最高位の治療となるそうです。

しかし、転移の速さや、がんもステージ4だったこともあり、標準治療はせずに、自宅療養や民間療法に頼っていきます。これを取り上げて治療法が間違いだと記載する記事もありますが、最後の奇跡に頼った苦渋の決断だったようですね。

 

小林麻央のがんは顎に転移した?

「血流にのって全身に転移するがんの場合、皮下組織や、骨への転移を来すことがあります。顎のがんの転移が痛いのか、機能障害がでるのか、これは患者さんによるといえますが、麻央さんの場合には痛みがあるということですので、前者だと思います。また、転移によって動きなどに機能障害を起こすことがあります。顎の先であれば、あまり障害につながりませんが、顎の関節付近の顎骨転移であれば、開口障害につながるかもしれません。下顎の骨の付け根から顎先のどこかの骨の転移であれば、ものを噛んだときにその部分が痛いかもしれませんし、そこより顎先にかけての感覚障害を伴うこともあります

小林麻央さんは、結果として多くの場所に転移していきました。特に見た目にも、病状的にも苦しかったのが顎の癌だったようですね。

 

小林麻央の顎に転移したのは皮膚癌?

転移したのは、乳がんからのようですが、顎に到達したがんはそのまま皮膚癌になっていったようですね。特に顎に到達した癌は、小林麻央さんを非常に苦しめたようです。

 

小林麻央の顎の皮膚がんの画像は?

小林麻央さんは、人生を終えるまでブログを更新していました。皮膚癌の転移の画像もブログにて公開されています。

小林麻央の皮膚癌の画像はブログに公開された

ブログにて公開された画像は、非常に衝撃的で、多くの人が小林麻央さんの回復を祈っていましたが、仕事への復帰はもちろん、私生活も難しいのでは?と素人目にもわかるほど、重度の癌が小林麻央さんを蝕んでいました。

小林麻央の顎のあたりの皮膚から癌が飛び出す…

非常に大きく肥大しているのが分かるでしょうか?この頃は非常につらかったようです。実際に小林麻央さんもブログにて、

「食事もままならない」「痛みで眠ることすらできない」「病院食では、摂取できず3分粥に変えてもらっていた」

とコメントしていたようです。しかし、それでもなお笑顔で写真を撮影し、ブログを投稿する姿に多くの方が元気をもらっていたことでしょう。

 

小林麻央は皮膚癌は手術したの?

ガンの転移による痛みがかなりあったようなので、病院にいたほうが、緩和ケアとして有効だったようですが、QOL(クオリティオブライフ)を優先した形で退院したそうです

結局は、終末医療の状態となってしまった小林麻央さん。しかし、さすが梨園の妻。こんなエピソードもありました。

皮膚癌が大きく飛び出してしまい、腐敗臭に周りに迷惑がかかるのでは?と配慮し、生活向上(治療ではなく残りの生活のため)のための手術をおこなった。最後まで周りに配慮する奥ゆかしい天使のような女性だった。

本当に、こんなにも周囲に気を使えるとは、同じ人間と思えません。懐の深さ、優しさ、周囲へ配慮は普通の人に真似できるもではありませんね。

妻の最後の言葉を思い出し涙する市川海老蔵さん

やんちゃだった市川海老蔵さんも、いまでは海老蔵の名に相応しい人物に成長していると感じます。終焉を迎えてしまいましたが、「小林麻央さんとの生活は考え方から変わった」とコメントしていますので市川海老蔵さんの中に大きな存在として生きているようですね。

結婚会見の市川海老蔵さんと小林麻央さん

管理人としても、この夫婦のあり方は本当に考えさせられ、尊敬できる生き方だと感じました。

コメント